カトトピ
  1. ホーム
  2. カトトピ
  3. 2019年お盆は大型9連休がスタンダード!? お盆休み期間はいつから?

スマートフォンサイトはこちら

お墓のQ&Aを携帯できるアプリ!!「供養ライフ」iOS専用無料アプリ

2019年(令和元年)お盆は大型9連休がスタンダード!? お盆休み期間はいつからいつまで?

2019年(令和元年)お盆は大型9連休がスタンダード!? お盆休み期間はいつからいつまで?
 

2019年(令和元年)のお盆休み期間は大型9連休がスタンダード!?

お盆の日程そのものは地域によって異なることがありますが、お盆休みは新暦の8月に取るのが全国的に通例となっています。

お盆の期間自体は例年8月13日(迎え火=盆の入り)から8月16日(送り火=盆明け)までの4日間が基本ですが、前後に土曜や日曜、祝日があると、お盆休みが5日間を超えることも珍しくありません。さらに、2016年(平成28年)からは、お盆の期間に近い8月11日が「山の日」という祝日となったため、お盆休みはより長くなる傾向にあるようです。特に2019年の場合、「山の日」は日曜なので、次の8月12日(月)が振替休日となり、8月10日(土)から12日(月・振替休日)までが3連休になります。翌13日(火)から16日(金)は一般的なお盆休み期間で、お盆休みが明けるとすぐに8月17日(土)・18日(日)が連休となっています。従って、有給休暇などを取得しなくても、カレンダー通りに休み、一般的なお盆休みを消化すれば、2019年(令和元年)は8月10日(土)から18日(日)までの9連休になるのです。



2019年(令和元年)のお盆期間とお盆休みの日程カレンダー
 

「お盆」とは?

「お盆」の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」。
諸説ありますが、サンスクリット語で「逆さ吊り」を意味する「ウラバンナ」の音写であるとする説が有名で、祖先の霊を呼び寄せ供養する行事として広く全国で行われています。
期間は通常夏の4日間にわたり、初日を盆の入り(迎え火)、最終日を盆明け(送り火)と呼びます。
お盆の時期になると、各家庭では精霊棚(しょうりょうだな。盆棚とも)にお供えをし、火を焚いて祖霊を迎え入れます。
さらに、僧侶にお経をあげてもらい(棚経)、お墓参りをしたのち、最後にまた火を焚いて祖霊を送り返します。
具体的なお盆の準備やお盆期間中にすることについては、別記事をご参照ください。

>>関連記事「盆棚や盆提灯など、お盆の準備はいつ、どのようにするの? お盆期間中の過ごし方は?」はこちら 

 

地域によって異なる「お盆」の期間

お盆の日程というのは基本的に年度によって変わることはなく、お盆休みは全国的に8月に消化されていますが、風習としての「お盆」は、地域によって7月に迎えるところと8月に迎えるところ、さらには9月に迎えるところがあります。 

 

「お盆」の期間が地域によって異なる理由

そもそも、お盆という行事は、旧暦(太陰暦)7月15日の「中元節(ちゅうげんせつ)」の日に祝われていました。
中国から伝わり、「お中元」の由来ともなった道教の行事のひとつです。
ところが明治時代に新暦(太陽暦、グレゴリオ暦とも)が採用され、以降「お盆」の期間(の中心)は地域によって大きく3つに分かれました。

1.旧暦7月15日(旧盆)・・・沖縄地方など
2.新暦7月15日(新盆)・・・東京、横浜、静岡など
3.新暦8月15日(月遅れの盆)・・・その他の地域



 

2019年(令和元年)のお盆期間-新暦8月(月遅れの盆)にお盆を迎える地域の場合

全国のほとんどの地域では、新暦の8月にお盆を迎えます。
新暦8月のお盆は、新暦7月の新盆に対し「月遅れの盆」と呼ばれることもあります。
前述したお盆休みは、この「月遅れの盆」に合わせられています。
期間は毎年8月13日(迎え火=盆の入り)から8月16日(送り火=盆明け)までと決まっており、下記の通り【新暦8月にお盆を迎える地域における、2019年(令和元年)のお盆期間は8月13日(火)から8月16日(金)】です。

8月13日(火) 迎え火(盆の入り)
8月14日(水) 中日 

8月16日(金) 送り火(盆明け)


 

2019年(令和元年)のお盆期間-新暦7月(新盆)にお盆を迎える地域の場合

新暦の7月(新盆)にお盆を迎える地域もあります。代表的なところでは東京や横浜、静岡などが挙げられます。
日程は毎年7月13日(迎え火=盆の入り)から7月16日(送り火=盆明け)までと決まっており、下記の通り【新暦7月にお盆を迎える地域における、2019年(令和元年)のお盆期間は7月13日(土)から7月16日(火)】です。

7月13日(土) 迎え火(盆の入り)
7月14日(日) 中日
7月16日(火) 送り火(盆明け)


 

2019年(令和元年)のお盆期間-旧暦の7月(旧盆)にお盆を迎える地域の場合

沖縄地方などでは旧暦に基づいて行事が催されることが多く、現在でも旧暦の7月、いわゆる「旧盆(きゅうぼん)」にお盆を迎えるところがあります。

旧暦では、7月13日から15日(地域によっては16日)までがお盆(旧盆)と決まっていますが、これを私たちが普段使用している新暦(グレゴリオ暦)に直すと、年度によって大きな日程のずれが生じます。旧暦では月の満ち欠けによって暦を定めているためです。
2019年の場合はどうかと言うと、【旧暦の7月(旧盆)にお盆を迎える地域における、2019年(令和元年)のお盆は8月13日(火)から15日(木。地域によっては16日(金))まで】です。年によっては新暦8月のお盆と半月以上のずれがあることも珍しくないのですが、2019年は見事に日程が重なっていますね。

8月13日(火) ウンケー(祖先を迎える日)
8月14日(水) ナカビ/ナカヌヒ(中日)
8月15日(木) ウークイ(祖先を送り出す日)


ちなみに、2020年(令和2年)のお盆は新暦の8月31日から始まるそうです。



 

お盆に関するトピック一覧

その他の記事でも、お盆に関する話題を多数取り上げています。
ぜひご覧になってみてください。

>>お盆とお盆休み。期間はいつからいつまで? 地域によって日程が異なるって本当?

>>お盆にお墓参りに行くべき時期とは?


>>お盆のお墓参りで供える花の種類と選び方とは? マナーについても解説

>>盆棚や盆提灯など、お盆の準備はいつ、どのようにするの? お盆期間中の過ごし方は?

>>お盆の法要。服装は? お布施の相場と表書きは?

>>「新盆(初盆)」の時期はいつ? 読み方は? 盆棚(精霊棚)などどんな準備が必要?

>>「新盆(初盆)」には何をするの? 服装やお布施、香典(御提灯料)、香典のお返しは?

>>大人のお盆休み工作~精霊馬・精霊牛を作ってみよう~​

>>期間や目的が違う? お盆とお彼岸の違いを解説

関連トピックス

お盆にお墓参りに行くべき時期とは?
お墓参りは一年中いつ行ってもいいものですが、帰省などに合わせてお盆に行こうと計画している方が多いのではないでしょうか… 続きを読む
お盆のお墓参りで供える花の種類と選び方とは? マナーについても解説
ご先祖様の霊をお迎えして供養する「お盆」の行事は、全国的に8月15日(一部地域を除く)を中心とした期間に行われます。… 続きを読む
盆棚や盆提灯など、お盆の準備はいつ、どのようにするの? お盆期間中の過ごし方は?
祖先の霊を呼び寄せ供養する行事として日本全国で行われる「お盆」。期間は一般的に8月13日または7月13日からの4日間… 続きを読む

おすすめのトピックス

消費税8%でお墓(墓石)を建てるには? 経過措置についても詳しく解説
ご存知の通り、2019年10月より消費税率が現在(平成30年12月時点)の8%から10%に引き上げられることが確実視… 続きを読む
開眼法要(建碑式、慶讃法要)の進め方実例 ~お供えから後片付けまで~
開眼法要(建碑式、慶讃法要)とは?お寺様に墓前でお経を読んでもらい、建立されたお墓(石塔)に魂を入れる法要を「開眼法… 続きを読む

人気のトピックス

2019年(令和元年)お盆は大型9連休がスタンダード!? お盆休み期間はいつからいつまで?
 2019年(令和元年)のお盆休み期間は大型9連休がスタンダード!?お盆の日程そのものは地域によって異なる… 続きを読む
「新盆(初盆)」には何をするの? 服装やお布施、香典(御提灯料)、香典のお返しは?
「新盆(初盆)」とは故人が亡くなった後、初めて迎えるお盆のことを指します。前回のトピック(該当記事「「新盆(初盆)」… 続きを読む
納骨はいつ行うもの? 納骨の時期と手順
遺骨をお墓などに埋葬することを意味する「納骨」。大切な人を失い、悲しみの中にある家族にとっては、気持ちを整理するため… 続きを読む

お墓のQ&Aを携帯できるiOSアプリ「供養ライフ」法要管理や読経・写経もできる便利なアプリ!! アプリの詳細情報はこちら

ページの上部へ