カトトピ
  1. ホーム
  2. カトトピ
  3. 日本人は知らない世界の葬儀事情~アジア編~

スマートフォンサイトはこちら

お墓のQ&Aを携帯できるアプリ!!「供養ライフ」iOS専用無料アプリ

日本人は知らない世界の葬儀事情~アジア編~

日本も属するアジア圏の弔い事情とは!?

日本国内でも地域ごとに弔いに関するしきたりが異なるように、世界に目を向ければ私たち日本人には信じられないような風習はたくさんあります。そこで、世界の弔い事情をシリーズ化して紹介します。栄えある第1回目は、日本との文化的な接点も多いアジア編です。


 平均高度が3,000m以上あるチベットでは、火葬を行うための燃料が不足していることや、岩場や凍土が多くて土葬に不向きな土地柄もあり、鳥葬が今も残っていると言われています。

 

儒教の教えに則った葬儀が韓国のスタンダード

まずは日本のお隣、韓国の弔い事情をご紹介。
韓国では、葬儀はサミルチャンと呼ばれ、3日間行うのが通例です。国教が儒教ということもあり、年長者や祖先を敬う道徳観が根付いており、葬儀を盛大に行ったり、立派なお墓を建てたりすることに重点が置かれています。儒教式の葬儀を行う際は、さまざまなしきたりがあるので、要注意。例えば、遺族の喪服は、生成りの麻製の韓国服に頭巾をかぶるのがオーソドックスなスタイル。これには儒教の考え方のなかに、両親の死は世話や誠意を十分に尽くせなかった子の罪という教えがあるからです。そのため、何にも染まっていない服を着ることで、罪深さを示す意味があるそうです。
また、故人が愛用していた服を持って北側に向かって振る風習や、納棺前に水に浸したお米を遺体の口に入れる習わしもあります。これらは、故人が安心してあの世へ旅立つために行うと言われています。
しかし、日本と同様に、韓国においても都市部では、葬儀のスタイルが変化しつつある現状です。マンションやアパート住まいが多い人口密集地などでは、自宅での葬儀が難しいこともあり、病院の霊安室で葬儀を行う病院葬や共同墓地への埋葬、古くから伝わってきた土葬ではなく火葬を行うケースなどが増えています。


 

悲しみにくれるのではなく、とにかく派手に行うのが中国流

アジアの雄、中国では、国元やドル紙幣、家や銀行の模型を燃やす紙銭という風習があります。供え物を会場いっぱいに並べたり、ドラや爆竹を鳴らしたり、お金をばらまいたり、とにかく派手なお葬式を執り行うのも中国ならではの風習です。近年は禁止されましたが、かつてはストリップショーが行われていたという日本人の感覚からは信じられないこともあったそうです。また、故人とは縁もゆかりもないにも関わらず、葬儀に参列し、盛大に泣くことを職業とする「泣き女」と呼ばれる方が葬儀を盛り上げるのも日本にはない風習と言えるでしょう。これらも儒教の影響が強く、故人を弔う際は参列者が多ければ多いほどよいとされています。これらは、祖先に対する敬意を大切にする儒教の教えが由来となったもの。つまり、故人のために盛大な葬儀を行うことで、亡くなった方への愛情を示しているそうです。

 

鳥葬に水葬、ハンギング・コフィンって何?

日本では故人を弔う際は火葬のイメージが一般的ですが、アジア圏では土葬の風習が残っている国も数多くあります。なかには、文化的背景や土地柄などから、日本では考えられない葬り方を行っている国も数多くあります。
その代表的なものが、チベットで行われている鳥葬です。鳥葬とは、解体された遺体を鳥葬台と呼ばれる荒野に置き、ハゲタカがついばむことで死者を弔う方法です。これだけ聞くと、故人を冒涜しているように感じますが、鳥葬を行う目的は魂の抜け出た遺体を天へ送り届けることが目的です。そのため、鳥葬は天葬と呼ばれています。
また、インドのヒンドゥー教徒によるガンジス川に故人を帰す水葬や、フィリピンのルソン島における燻製にした遺体を崖から吊り下げたハンギング・コフィンなど、一風変わった葬り方を行っている地域もあります。
 
日本と関係の深いアジア圏でも、私たちからは考えられないような葬儀事情があるようですね。しかし、どんな弔い方をしていても根底にあるのは故人への敬意です。それらを探ってみると、新しい見方が芽生えるかもしれませんね。

関連トピックス

エッ! 知らないの私だけ!? 弔いの県民ショー ~東海・北陸・関西編~
いよいよ西日本編に突入。西日本編の第一弾は、東海・北陸・関西をクローズアップ。3つのエリアそれぞれでユニークな風習が… 続きを読む
エッ! 知らないの私だけ!? 弔いの県民ショー ~中国・四国・九州編~
最終回は中・四国~沖縄をクローズアップ4回に渡ってお送りしてきた弔いの県民ショーも、いよいよ最終回。これまで取り上げ… 続きを読む
エッ! 知らないの私だけ!? 弔いの県民ショー ~北海道・東北編~
県の数だけ風習がある!?お葬式やお墓参りなど、故人を見送るスタイルは全国共通だと思っていませんか? 実は、都道府県に… 続きを読む
エッ! 知らないの私だけ!? 弔いの県民ショー ~関東・甲信越編~
関東・甲信越地方の弔い事情とは!?前回の北海道・東北編に続き、今回は関東・甲信越編です。日本の首都・東京を擁し、進学… 続きを読む

おすすめのトピックス

どうすればキレイになる? お墓を掃除する際のコツ
皆さまはお墓をどのように掃除されていますでしょうか? この記事ではお墓掃除のコツをご紹介しますが、掃除に使う道具は墓… 続きを読む
香典返しに適切な品物は? タブーな品物もあるの?
喪主となって葬儀を取り仕切ることは、一生のうちに何度も経験することではありません。そのため、葬儀の時に用意が必要な「… 続きを読む

人気のトピックス

開眼供養(開眼法要)の進め方実例 ~お供えから後片付けまでの流れ~
開眼供養(開眼法要)とは?お寺様に墓前でお経を読んでもらい、建立されたお墓(石塔)に魂を入れる法要を「開眼供養」「開… 続きを読む
納骨はいつ行うもの? 納骨の時期と手順
遺骨をお墓などに埋葬することを意味する「納骨」。大切な人を失い、悲しみの中にある家族にとっては、気持ちを整理するため… 続きを読む

お墓のQ&Aを携帯できるiOSアプリ「供養ライフ」法要管理や読経・写経もできる便利なアプリ!! アプリの詳細情報はこちら

ページの上部へ